どうも!親方です。
千葉ニュータウンは、都会?と田舎が隣り合わせなので『隠れ家』がそこら中にあるようです。
今回も隠れ家を発掘です。

ちょっとネイル行ってくるわ。

ちょい待て、つい先日もそう言って、キラッキラな爪にして帰って来たよな?なっ?

私爪薄いから、すぐ割れちゃうんだよね。

こ、これはまずい。
完全に主婦の爪になってしまっているじゃないか。
すまん。
今日から洗いもんは親方がやる。(爆
ふんっ。

食洗機に入れる係りでしょ。

女性は、髪に化粧にネイルに オシャレ タイヘン ね。
(個人の価値観であってそうでない人のことを誹謗中傷する意図はありません)
また男性でもオシャレにタイヘンな方はたくさんいますしね。
なんせ親方のオシャレは「無精髭を仙人のレベルに伸ばす」ことだけだから。

親方の家は、芋御殿でもないし、そうそう裕福でもないので、しょっちゅうネイルをやり替える余裕はないのだが。

聞くと印西の森の奥、主婦の皆様に味方のジェルネイルサロンがあると言う。

これは親方の知らない世界’sとしては知っておかないと。

行き方は少し難しいから、後できちんと解説するね。

スポンサードサーチ

隠れ家ジェルネイルサロン|Chez-M(シェ エム)

道中こんなところを通りますが、心配しないでください。

着きますよ。

もうすでに隠れ家の要素満載です。
トトロが出てきちゃいそうです。

外観

ガレージの右側が店舗です。

店内

お友達やお子様と一緒に御来店されても、映画やアニメなども用意していただけるようなので、お茶やジュースを飲みながらゆっくりと寛げる空間となっております。
ハンモックソファーもいいですね。

カウンセリング

こちらがネイリストの真咲(マサキさん)
まずは、今の爪の状態を見てもらいます。

それから今回のイメージを見てもらいます。
紫陽花カラーをテーマに作ってもらいます。

メニュー的には、ソフトジェルのグラデーション(ハンド)3700円
オフが1000円
あとはパーツを何個選ぶかで、最終的に金額が決まります。

施術開始

〜オフ

既存のジェルネイルをオフしたら、甘皮の処理などケアを行い下地を調整します。

〜欠損部長さ出し

今回は、欠けてしまった右手中指を裏メニュー(別料金:要相談)のスカルプチュアで長さ出しをしてもらいます。
専用の台紙を爪の周りに貼って、アクリル樹脂を塗り人工爪を形成していく。

硬化後、他の爪とともに磨いて成形し下地を仕上げる。

〜ジェルの下地作り

自爪にクリア層を作って行きます。

LEDのUVの機械で、ジェルを硬化させます。

〜カラー準備

サンプルで見てもらった画像から、必要なカラーとジェルを混ぜます。

〜カラーを塗る

ピンク紫系のグラデーションになるよう、何度かに分けて塗ってはUVを浴びせて硬化させる。

だんだんグラデーションが明確になってっくる。

〜塗り込みは完成

本人も希望通りに塗れた様で、ここまでのところ満足。

〜パーツ選び(ストーンなど)

今回は、イメージ写真のように仕上げてもらうことにしました。
ストーンなど1粒50円からです。

〜最終仕上げ

両薬指に、3つのリングと1つのストーンを乗せてもらいました。
最後にまたクリア層を形成して、終了となります。

〜完成

ちなみに見本写真です。

仕上がりは、イメージ通りですが、指モデルが違いすぎる、、、

なに!?文句ある 怒
本人大満足よ!

親方のデリカシーのなさよ

お会計

  • ソフトジェル<グラデーション> 3700円
  • オフ              1000円
  • アイテム8点           400円
  • 長さ出し(裏メニューのため不明)    円
  • 合計              5100円

な、なんと裏メニューは、親方がこのブログに紹介掲載としての特典?としてサービスしていただきました。(別途料金がかかります)

Chez-M(シェ エム)の思い

取材記

 Chez-Mは、友達の家に気軽に来れるような思いで、2014年の8月にオープンしました。
 ネイリストの真咲さんは元々、スキーのクロスカントリー選手で、野沢温泉ゲレンデをベースに、活躍していたそうです。
 しかし28歳の時(気分は永遠の18歳の様なのですが)、体調不良により現役を引退。
 元々手先が器用で、ネイルを自分でやるのが好きだったことから、趣味の延長からネイリストの世界に。
 店を構え、値段設定を考える際に重視したのが、『主婦のお小遣い』と『デザインに飽きやすい』と言うことから、低価格を設定。長くて3週間程度で爪が伸びてしまい、見栄えが悪くなるので、少しでも回数を通いやすいようにとの配慮から。
 アイテムなども、例えばストーンの大小で値段を変えるのではなく、粒単位で同一価格からもその姿勢がうかがえる。

 ネイルをやるからには、お客さんに満足してもらうのが大前提で、真咲さんはお客様の手先になってイメージ通りに仕上げるのがコンセプトだそうです。

施術後に、苦しくないですか?と聞かれていたので何事かと思ったら、皮膚にジェルがついてると突っ張る感じになるので、それがないか最後に気遣いを見せてくれます。

カラーはPREGELを使うのがこだわりで、ストーンなどはカラーバランスを考えながら提案してくれます。

メニュー

初回は、料金説明を丁寧にしてくれるので安心。

グリーンネイル対策

グリーンネイルの相談にも乗ってくれます。

初回予約はネイルブックがお得で便利

初回の予約はネイルブックというサイトから行ったほうがいいかと思います。
電話は施術中出ることができないので、注意が必要です。
サイトからは当日予約の空き状況なども見られます。
Chez-M(シェ エム)ネイルブックはこちら

Chez-M公式サイト

Chez-M公式HP
こちらでは、ネイルだけではなく手先の器用な真咲さんが手がけたアート作品も見られます。
アート作品の販売もやっていますので是非こちらもご覧ください。

切り絵が趣味で縁起物なので「きれない」様にしているそうです。
夏休みの工作のイベントなんかも開いているそうです。

一枚の紙から切り出した、切り絵「般若心経」

こちらも一枚の紙から切り出したウエディングウエルカムボード

出産祝いに最適な「新生児お祝いセット」 オムツバイク

新生児用オムツ57枚
60サイズの洋服やお包み
詰め合わせ内容は相談可能

8月中には新店舗へ移動

8月中には新築中の店舗兼住宅に移動できる様、準備をしているそうです。
どんな癒し隠れ家空間になるか楽しみですね!

隠れ家ジェルネイルサロンへの道のり

店舗情報
住所:千葉県印西市瀬戸218
電話:050-5276-3808(施術中には電話に出られないことがあります)
営業時間:月曜日〜金曜日 9:00〜20:00
     土日・祝日 10:00〜20:00
     (時間外をご希望の方はご相談ください)
定休日:不定休(サイトにて要確認)
その他情報:Free Wi-fiあり LINE@によるポイント制度あり
      

地図

衛生写真、限りなく緑の比率が多いいのですが。
タドリツケルカナ

写真による案内

県道佐倉印西線<65>を日医大方面から佐倉方面へ向かい、印旛支所をすぎたら右側を要注意観察。

65号西進中。
目印発見。
1時方向白い旗発見。

木の間からにょっきり出ている旗が目印。
ここの細い道を入る。

ここを右折。

なぜかお父さんが掲げたと言うマリーンズの旗。

うっそうとした茂る森をゆくと

曲がるところに案内板が。

この先結構な坂です。

この看板が見えたら到着です。

スポンサードサーチ

まとめ

 今どき、ネイルはどこででもやっている時代ですが、真咲さんにお会いして、技術もさることながら、人柄も集客のポイントになっているのだと感じました。
取材前日には1日で7人の施術に対応しながら仕上がり品質を保つ努力には、頭が下がります。
 ジェルネイルに興味がある、今のお店に不満があるという方は一度Chez-M(シェ エム)へお問い合わせをされてみてはいかがでしょうか。とても気さくな真咲さんが対応してくれるはずです。


2件のコメント

Chez-M- · 2019年6月5日 6:05 PM

御来店、そして楽しい取材ありがとうございました(部屋が整って居なくて申し訳ありませんでした)これからも皆様が笑顔になってネイルを楽しんで頂ける様に心掛けていきたいと思っております。
親方の焼き芋楽しみに、夏を乗り越えます
焼きッイモ〜

    oyakata · 2019年6月5日 10:25 PM

    こちらこそ突然の申し出の対応に快く応えていただきありがとうございました。焼き芋のシーズンになりましたら、また宜しくお願い申し上げます。

Chez-M- にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です